反抗期って、なんでしょう

最近ね、双子っちは口が達者になってね。
小さい時から達者だったんですが、最近の達者は今までとは意味が違います。
12歳ですからね。そりゃもう、いっちょ前に大人みたいな口をきくわけです。

口はいっちょ前でも、まだまだ子供。人生経験、浅い浅い。
トラブルが起こった時なんかの対応がね、無駄なことばっかりしているように、
私からすると見えてしまうわけです。

ここのとこ立て続けに、ayaともsatoとも本気に近い感じでケンカみたいになりました。
ケンカっていうか、私の方は「いい加減に言う事きけっ!!!」って事をあれこれ言葉を
変えて言ってるだけでね。
双子っちは、「なんでよっ!」って言い返してくるパターンです。
双子っちには双子っちなりの理由や主張があるんですが、それは常識的でなかったり
適切な対応や判断ではない場合があります。
人との付き合いの上で、失礼に当たる言動も見られます。
子供ですから、真っ直ぐなのは仕方がないし、配慮不足なのも仕方がないけど、ここで
正しとかんかったら、この先困った大人になると、私は考えるわけです。

自分が子供の頃よく言われた言葉で納得出来なかったのが

・大人になれば判る
・親は(親の言うこと)は、絶対や。間違いない。従え。

でした。
なので、自分が大人になったらこの言葉は使うまいと思ってましたが。
大人にならないと判らないことって、確かにありますね。
大人にならないとって言うより、経験を積まないと。
たかが12歳に、常識的な態度と行動・・ってのをわからせるのは、ホント難しい。
ルールを守るってことも、そのルールが子供にとって意味のない事だと、守る意味すら
判らないから、「なんでそんなことせなあかんの?」となる。

例えば。
双子っちの学校は、シュシュ禁止になったんです。
髪の毛は、シンプルなゴムで結わえること。色も黒か茶色って。
双子っちの学年だけだったっけか・・???
最初は、6年生だけだったのが、全学年ってことになったと思います。多分。
これには、実は私も・・「へ?」ってなったんですが。
シュシュくらい良くないか?って。
そういうことって、中学からでよくないか?・・・って。
双子っちの学校は、私服です。
なので、自由な服で通学しています。
ブランド物の高い服ばかり持っている子もいますし、派手な色合いの服を着る子もいるし
ホントに様々です。
シュシュ禁止って、意味あるんかな?ってね、当初は思いました。

で、シュシュ禁止ってなった時に、ayaのクラスの女子の一部がかなり反論した
らしいです。
ayaも、その一部のメンバーに入ってました。

シュシュで髪を結って、誰にどんな迷惑をかけるというのか?
いったい、シュシュのどこが悪いのか?

先生の説明としては、「学校で決めたルールだから、守らないといけません」だった
らしいですが。
どんどん派手だったり高価なデザインが出回ってきますし、落としたり無くしたり
しやすい小物のシュシュ。
トラブルの面なんかも考えての判断だったのかな・・と、後から私なりに考えてみて2人に話したんですけども、結局真意はわかりません。

子供は、どんな事でも理由を知りたがりますよね。
この説明、すごく難しいんじゃないかと思います。
子供の言い分も、一理あると思える。
子供が納得する説明をするのって、すごく難しい。
大人の常識と子供の常識は違うから。
言っても判らないだろうなと思うから、「親(または先生)の言うことは絶対。間違いない。」なんて言葉がね、ついつい出てきてしまうんですかね。
でも、大人には、そこを納得させるだけの力が必要なんじゃないかと思います。
注意したり叱ったりルールとして決めた理由を、ちゃんと説明できなければならないと思います。
これって、めっちゃ難しい。

つい最近、satoとも大声で言い合いになったんですが、結局この時は全て私が言ってた通りになったんです。細かいことは省きますが、私に従っていればもっと早く解決してたし、的確な対応が出来ていたって結果になったんです。
やっぱりね、こういう時には思いますもん。
子供のアンタの考えより、親のアタシの方が正しかったやないか!・・って。
で、全くアドバイスを聞き入れなかったsatoに対して、本気で腹が立ちますもん。
「言うこときけっ!」ってね、思います。
ですが、私は口論中にsatoを納得させることが出来なかった。
私の力不足も大いにあるわけです。

反抗期って言葉がありますけども、これって的確な言葉なのだろうかと最近思います。
子供達の言動を【反抗】だと感じているのは、大人の方。
子供は、説明を求めたり主張をしたりしているだけで、大人と子供の間で折り合いが付かないことを、大人が一方的に「子供が反抗している」と思い込んでいるのではないでしょうか。

なんとなく、最近の双子っちを見ていて感じたことです。
子育てというのは、どこまで奥が深いのやら。



[PR]
by pannie_angel | 2010-09-10 00:57 | 双子の天使 sato/aya | Comments(0)


子育ては山あり谷あり♪ハンディを持って生まれた長女と双子の妹達3人の天使に翻弄される、あわてんぼうママの徒然日記です。(天使のイラスト/ 素材サイト「ブルーグリーン」)


by パニー

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のコメント

【3色団子ちゃん】 お..
by pannie_angel at 00:13
お久しぶりです!! ..
by 3色団子 at 00:17
【ゆ~みん】 ありがと..
by pannie_angel at 00:11
双子っちおめでと~~さん..
by ゆ~みん at 23:00
【ベティちゃん】 あり..
by pannie_angel at 13:17