カテゴリ:最初の天使 kana( 110 )

スクールバスでね~

今日は、長いっす!

kanaちゃん、スクールバス通学、本人なりに頑張っておりますヨ。
頑張っておりますが、やはり色々「困った」と言われる行動が出ているようです。

スクールバスには、運転手さんと介助員さんが乗車しています。
介助員さんは、学校の先生ではなくて、バス会社の方です。
基本的に、支援学校の付き添いで入って下さっているので、ある程度の知識を持った方だと
思います。

まずね、私は高校へ上がる時に大きな勘違いをしてたんですね。
このバスの介助員さんは、学校の先生だと思っていたんです。
入学説明会の時に、「先生じゃないんだ!」と知りまして、焦りました。
他にも、説明の中に

・勝手に動かない。
・他の人の迷惑になる行動をしない

ってことを、ちゃんと子供さんに話しておいて下さい・・とか言われてて。
それはちょっと・・・どうでしょう!?って不安でした。

kanaは、私が運転している時に助手席で大暴れする事あるし・・・
窓ガラスガンガンする事あるし・・・
ドアを恐ろしい勢いで開けて壊した事あるし・・・

どれも、毎日絶対するってことじゃなくて、パニック時に起こりうること。
こいういうことしてしまう可能性を持った子は、スクールバス通学しちゃいかんのかも!?
やっぱり、また送り迎えしないとダメかもなぁ。

色々不安だらけになりながら、それでもやっぱり移動時の自立心をどうしても育てたくて。
公共の乗り物では、家族やヘルパーさんの付き添いがあれば、問題ないんです。
たいていは静かに座ってられる。
でも1人での行動が難しいだけに、その経験が出来るのはやはりスクールバス。

迷惑かけるかもと思いながら、思い浮かぶ「こんなことする可能性あります」を全部伝えて
初日から乗せて頂いています。

学校が大好きなので、バスに乗って行くのをとても楽しみにしているkana。
しかし、やはり慣れないこともあるし、他の生徒が乗っているとはいえ、誰も相手してくれないし
不安なのでしょうか・・2日目に、介助員さんに

「ちょっとねぇ、シートベルト外して歩いたり、前の子の頭を叩こうとしたりしてね・・」

と言われてしまいました。あ~~・・そうかぁ。

ベルトを外して歩いてしまうのは、唯一の大人である介助員さんにそばに来てと言いたいか、
乗車してる時間が長いから(約50分)飽きてくるのか、ベルトがきついのか。
何か理由があると思うんですが。
他の子を叩きに行くってのが、どうも私には想像できなくて。
わざわざ立ってまで叩きに行くって事は、これまで無かった行動パターンで・・。

2日目は当初から乗車指導で先生が同乗する予定があったらしく、kanaの前の席に座っておられました。
で、3日目は、kanaの様子を見るために、別の先生が同乗して下さいました。
その後、先生の同乗は無くなり数日が過ぎ・・。

先週、下校のお迎えで介助員さんから
「窓を頭でガンガンしたり、他の子を叩きに行って、ちょっと危ないんです。」
と、報告されて・・どうしましょう?
明日から、送り迎えした方がいいですか?
って聞いたら、「とりあえず先生とお話してみます」って感じでその日は終わり。

次の日は、担任の先生から
『バスでkanaちゃんがちょっとパニックみたいになったって電話が入ったんですけども・・?』と、家に電話がかかってきました。
その時は、介助員さんは何も仰らなかったんですよね。
直接先生に話した方がよいと思うほど、その日特にひどく暴れたようです。

担任の先生は、ちょっと困惑しておられました。

『学校を出る時は、毎日機嫌良くバスに乗って帰っているんですよ。
 お家に帰ってからはどうですか?パニック起こしてますか?』

バスでの行動そのものより、帰宅後まで引きずって大変なことになってないかを心配して
下さっていたようでした。
それは、無かったんですよね、ずっと。
バスを降りて家に帰って、寝るまでずっと機嫌がいいんです。

悩むとこやなぁ。
他の子に迷惑かけるってのが、一番の心配だったので、どうしたもんかと悩んでおります。
担任の先生にも、難しいようなら電車で送り迎えした方がいいかとも思うと話したり。
マイカーでの通学は、もう今後はやめておこうと決めたんですよね、高校入学を期に。
スクールバスが無理なら、電車で2人で通うか?って。
でも、それって結局付き添うのは親である私しかおらず、自立って言えるか~???

丁度、この問題が起きた翌々日がメンタルヘルス科の受診予約日だったので、主治医にも
相談するべ・・ってことで、先週が終わりました。
金曜日にメンタルヘルス科で色々話して来ました。これは、また別の機会に。

で、今週から担任の先生が通学時と下校時に同乗して様子を観察して下さっています。
kanaに付き添うのではなく、離れた席に座り知らん顔して行動を見守る形で。
朝は、わざわざウチの近くのバス停まで来て下さって、帰りは1人の先生が同乗してkanaと
一緒に降り、状態を手短に話して下さって、別の先生が同乗して下さった先生を車で迎えに
来て学校へ帰ってくれるという・・・
明日は、担任じゃなくて学年主任の先生が朝に乗って下さるらしく(焦
どんだけ人件費かけとんねん・・・!!

あと、歩いて25分ほどの場所に別のバスが通っていて、そこだと乗車時間が半分以下に
なるので、そちらに変更して様子をみるのはどうかとかって案も出して下さいました。
「ただ、家から遠いよねぇ」・・なんて先生同士で話して下さっているようです。
「方法を考えて、何とか出来るだけバス通学でいけるように」と。

いやはや、バス通学、慣れるまで大変だと思ってはおりましたが、面倒かけてます!!
相当に・・。申し訳ない!!ホント、すみません。

心配ではありますが、頑張るっつーか、踏ん張るっつーか。
やってみるしかありません。
宜しくお願いしますっ。





にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村




[PR]
by pannie_angel | 2011-04-27 00:10 | 最初の天使 kana | Comments(3)

kanaちゃんの参観日

今日はkanaの学校の参観日でした。
まず、スクールバス懇談会ってのがあって、運転手さんと介助員さん、担当の先生と懇談。
スクールバス初心者の私は、こういう懇談会があることが、とても新鮮。
集まった母達が、順番に軽く自己紹介をして要望とかあれば言っていきます。
私が言いたいことはただ一つ。
kanaが、パニックで人様に迷惑かけたり窓を殴りまくったりって事になったら、お知らせ下さい。
それだけです。
バスの定員は満杯で、片道小1時間かかります。
安定している時は大丈夫ですが、この先なにがあるか判らない。
入学からこっち、順調に頑張って乗れているのですけど。
私の心構えとして、何があるかわからないと思ってた方がいいと思ってます。
スクールバスとは言え、とりあえず自立の一歩でありますので、このまま順調に行って欲しいと
願っております。

参観そのものは、体育館で生徒と先生によるクラス紹介でした。
各クラス、それぞれ趣向を凝らした道具と方法で自己紹介&先生紹介をしていきます。
1年生は、生徒7人の7クラス。内、女子は9人かな?
やっぱり、断然男の子が多いです。不思議なことだ。

ホンットに、色んなタイプの子が一気に集まった!!!って感じで、私にとっては何もかもが
とても新鮮な学校です。
長い間、聴覚支援学校しか見てこなかったので、この3年間で色々と学ぶ事ができればと思って
います。
kanaは間違いなくこの環境の中で成長するでしょうから、私がね。学ばないと。

聴こえないkanaに対して、担任の先生方は丁寧に接して下さっていました。
「クラス紹介ってなんやねん!!」ってなkanaですが、長時間同じ場所で「待つ」事がこの時の
kanaの課題。
いつまで待てば終るのかわからなくて、途中ガンガンとイラついてました。
会話に例えると、こんな感じです。


kana   「いつになったら終るねん!」(ガンガン・・少し自傷)
先生    『もう少し、もう少しよ』
kana   「どんだけ待つねん!?」(ガンガンガンガン!!!)
先生    『(紙に1組、2組、3組・・・7組と書いて)ここまで終った
        あと、これだけ待つよ。』
kana   「(紙をまじっと見て確認) そっか。わかったし。」一瞬治まるも
・・・   「わかったけど、なんか長いし!!」(ガンガン・・ガン!!)

でも、最後にはちゃんとわかって、大人しくなって。
理解した瞬間に、先生方の顔がほころんで、「お、判ったね^^」ってなってました。
そんで、kanaは先生にライエライってされてました。

離れて見ていても、その様子から何を怒っててどんな説明を受けて納得したか、
手に取るようにわかってしまって、笑えました。
終ってから主担任と付き添って下さっていた先生とお話が出来たんですが、おおよそ
こんな感じで合ってました。
入学してわずかしか日数が経っていませんが、先生方がよく判って応対して下さっていて、
ありがたかったです。流石ですよね。

高校の3年間で、子供達は驚くほどの成長を見せるのだそうです。
これは、先生方だけじゃなくて、保護者の方も同じ様に仰ってます。
なるほど、とても大切な時期をここで過ごす事になるのか。
改めて、私が少し緊張(笑)

ま、何があってもドンと構えて、肝っ玉かぁちゃんでいときたいなと思います。
帰ってきたら、美味しいものを食べさせて、元気をつけて休まず通えるように!





にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村




[PR]
by pannie_angel | 2011-04-20 13:07 | 最初の天使 kana | Comments(6)

春休み、ある日の昼食

春休み中、ほとんどブログをUPできずにいて、写真ばかりが貯まってます。
ようやく、少しずつブログ用に縮小作業に。

この日は、双子っちが入学する中学に健康診断の為登校しました。
入学式の前日に、健康診断だったのです。
その日にクラスもわかって、早速友達を作って帰って来た双子っち。

kanaと私はお留守番でしたので、おにぎりを作って食べました。
kanaは、ご飯粒が手に付くのが苦手です。
手に水をつけて、一応握るしぐさはしますけど、長続きしない~。
学校の家庭科では、だいぶ上手に出来るようになったと聞いたんですけどね。
サランラップを置いてある方向を指差して、「あれ、ちょうだい!あれあれ、ちょうだい!」
っつって一生懸命お願いしてきます。
『いやいや、もうちょい頑張って、ホレ、手でこうやって~』
なんてやり取りしてトライしましたが、最後は痺れを切らして自らラップを取って来てしまいました。

まぁもう、そこまで言うならね、いいわね。クルクルしてちょーだい!
あっと言う間に次々丸めて、なんとなく三角っぽい形にして、どんどん海苔を巻いていきます。
早い早い(笑) 上手いし。

b0057359_23194185.jpg


写真撮るからジットして持って~~って言っても、ゆらゆらしてしまうので、ボケボケです。
この状態でじっとするのは、とても難しいのです。
写し終るまで耐えたので、よしとしましょう。

b0057359_2324719.jpg



なんかいつもより沢山食べてしまいました。
できれば、あるだけ食べつくしたかったようです。
それすると、ほぼ3合を平らげる事になるので、それは流石にね。

満腹で、なんと40分ほど昼寝までしちゃったのでした!




にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村




[PR]
by pannie_angel | 2011-04-18 23:25 | 最初の天使 kana | Comments(0)

kanaちゃん、新しい学校です

kanaちゃん、無事に入学して人生初のバス通学を経験しています。
幼稚部から中学卒業まで、毎日私が車で送迎していました。
知的や肢体不自由支援学校や盲学校には、当たり前ですが送迎バスがあります。
しかし、kanaが通っていた聾学校には送迎バスはありません。
基本、自力で通学できる子がほとんどなので。

高校生になって、初めて聾学校を離れたkanaちゃん。
送迎バスでの通学は、未体験ゾーンでした。
都合50分弱の道のりを、初日から親の介助無く学校へ。

暴れるんじゃなかろうか?

それが一番の心配でした。
次が、トイレの失敗するんじゃなかろうか。

いや~~。
初日のkanaのド緊張した顔は、忘れやしません。
学校が始まったのは嬉しいんです。
でも、事前に説明していた

・kana バス  お母さん バイバイ
あばれない ニコニコする 窓たたかない ニコニコ・・・

って、その説明に、めちゃ緊張してました。
席に座っても、顔はこわばったまま。

そんなんですから、初日は自傷があったようです。
不安から、シートベルトを外して介助員さんを呼びに行くような動きもあったみたい。

でも、2日目、3日目・・・
段々要領がわかってからは、表情が強張る事も無く、ニコニコとバスに乗って行ってます。
相変わらず、ちょこっとドカドカはやってしまう時もあるみたいですけど、介助員さんが
困り果てるような行動はなさそう。

とりあえず、kanaちゃん、頑張ってます。うん。

来週から、また頑張ろうね!!


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村




[PR]
by pannie_angel | 2011-04-15 23:37 | 最初の天使 kana | Comments(2)

1月某日 kanaちゃん持久走大会でした

今頃って感じなんだけど、持久走大会があったんですよ。1月に。
去年もいい感じで走れてたんですが、今年はも一ついい感じ!
流石、毎日毎朝走り続けているだけの事はあります。すごい!!

小学校入学の頃なんて、まさかkanaが中学生になってこんなに立派に1人で走れるようになるなんて、
全く想像できなかった。
先の事など、ホントに見通すことが出来ず、どんな子になるんだろうかと、手探りもいいとこだった。
あの頃の私に言いたい。

積み重ねは間違いなく力になる!
子供は絶対成長する!!もっと信じろ~~~っ!!!


基本、ポジティブ思考だと、自分では思っている。
けども、振り返ってみれば、後ろ向きなコトも沢山考えてきたと思うので、そこんとこ勿体無いよって、
言いたいわ。
あれこれ考えるのは無駄ではないかもしれないけど、もっと信じていいって、今なら確かな気持ちで
はっきりと言える。


スタート前の準備体操。ド、ド、ド、・・・ド緊張で、ガッチガチなんが遠くからでもわかります。

b0057359_2344233.jpg


こちら、ゴール後。
さっさと集合場所へ向かってます。
この後呼び止めて拍手~~~して褒めると、むっちゃ眉間にしわを寄せて疲れた顔で、
握手を求めてきました。
「できたよ。えらいでしょ!」の合図なんです。
一緒に走って下さった担任の先生。顔、ちゃんと写っていないからそのままのっけてしまおう。
ありがとぉございますっ!!

b0057359_2347272.jpg



そそそ。
この日、一年ぶりに実菜りんさんとお目にかかりました。
一年間、直接の会話はゼロだったんですが、そこは不思議な物で、
最初の一言「お久し振りです~」を発してしまえば、特に改まった説明も無く、
直球で本題に入れるというすごさ。
ブログを通して、ある程度の近況は知っているからこそです。
短い時間でしたが、一気にイロイロお話できて楽しかったです。
今度は、もっとゆっくりお話したいですね~^^



[PR]
by pannie_angel | 2011-02-27 23:58 | 最初の天使 kana | Comments(4)

kanaちゃんの願書

双子っちの進学が落ち着きまして、やれやれって思ったのも束の間。
本日は、kanaちゃんの為の入学願書を受け取りに行って来ました。

受験勉強をして試験を受けて合否が決まる高校では無いけれど、それでもちゃんと願書を
提出して(しかも専願か併願かを尋ねられる)、入学審査を受けるという手順を踏みます。
去年、時間をとっていただいて教頭先生との面談や体験入学をさせて頂きまして、
「ここ以外は考えておりません!」と、強く希望の意志をお伝えしておりますので、私の
気持ちは伝わっているかと思います。
入学してからしばらくは、色々と問題を起こすかもしれないけど、kanaには頑張ってもらいたいな。

持って帰った願書をじっと見つめていると、とうとう中学生活が終る時が来たんだわ。と。
12年間通ったこの学校から、ホンットに離れてしまうんだわっ。
・・・切ないやら寂しいやら。
色んな思いが頭の中を巡り巡ってしまいました。

自分が卒業する時より、なんか寂しい気がする。
子供の存在と言うのは、本当に、特別なんだな。



[PR]
by pannie_angel | 2011-02-01 00:11 | 最初の天使 kana | Comments(4)

kanaちゃんの色々

双子っちが中学受験に向けて頑張っている間、kanaはkanaとして頑張っ過ごしていました。
kanaも、春になると違う学校に通うことになります。
高校生となり、まったく知らない環境の中で過ごす事になります。

kanaは、季節ごとの出来事やイベントに敏感な面があり、3学期が別れの季節である事を、何となく判っています。
それと、カレンダーに予定を書き込むのが習慣なので、この先に自分にとってどんな楽しみが待っているかをちゃんとわかっています。
逆に、何の楽しみも無い週末の事も、わかっています。

そういう色んな事に敏感に反応するkanaは、その時々によって、思わぬ行動に出る事があります。
いわゆる問題行動と言うやつです。

その度に先生に注意して頂き、指導面に工夫をこらして頂き、私もあの手この手でkanaと接し続けています。
焦ってもどうにもならんと判っていても、ついつい焦ってしまうのが、親のダメなとこですね。

明日は週末。
kanaちゃん、明日もがんばろう!



[PR]
by pannie_angel | 2011-01-21 00:37 | 最初の天使 kana | Comments(0)

kanaちゃんの指

この時の怪我、実はまだ完治して無いんです。
傷は早くに治ったんですけど、結局爪が全部はがれて取れてしまいました。
今、新しい爪がちょっとずつ出てきてます。
あと2週間もすれば、綺麗な指に戻るかなぁ。

爪が取れてしまったら、かなり痛いと思うんですけど・・。
泣かないkanaちゃん。
やはり、kanaは痛みに鈍感なんだと思います。

先日、satoが軽い肺炎になった時、夜中に何時間ものた打ち回って痛がったんです。
kanaに同じ症状が出たら、どんなんなるんやろう?
「痛い」って言葉は知っているし手話で訴える事も出来るけど、肝心の痛みをどの程度から訴える事が出来るんだろうか。
痛くてもガマン出来たりして、すごく悪くなるまで私が気がつかないんじゃないだろうか。
虫歯を痛いと訴えるだろうか、盲腸になったら判るだろうか?
起こってみなければ判らないけども、あれこれ考えると「う~~ん」と唸ってしまいます。

それでも、消毒と注射はすごく痛いと知っているkana。
消毒の時は、飛びのいて逃げるんです。
睨めっこして「ここ。」っつって指差しで私の隣を示し、kanaが来るのをじっと待ちます。
観念して横にピトッとくっついて泣きそうになってるkanaは、健気でかわいいです。
痛がってる娘を、かわいいと言ってはイカンのでしょうけども(笑)
最近は慣れてしまって、黙ってされるがままに大人しくしてくれています。
早く治るといいねぇ。



[PR]
by pannie_angel | 2010-11-02 00:45 | 最初の天使 kana | Comments(4)

最後の体育祭

よさこいソーランを頑張ったkanaちゃん。
kanaは中学3年生なので、今回の体育祭が、この学校で過ごす最後の体育祭。
小学部に上がった時に 「かけっこで1人で走れるようになりますかね?」
って話をした記憶がある。
決められたコースを、1人で最初から最後まで走りきるってこと、知的障害あるんだったら別にムリに出来なくてもいいやん・・とか、ムリに走らせなくてもいいやん・・と思われるかもしれないけど、こういう力が付くと、間違いなく他の面も育つ。
育っていくってこと証明される。生活力が絶対つく。
どんな些細な事でも、能力がアップするってことは、生きる力が育つ助けになる。
そう信じて、kanaには必要以上に頑張らせていたかもしれないな。
でも、私のそんな思いをしるはずもないkanaだけど、6年生の体育祭では、余裕の笑顔でゴールすることが出来るようになっていました。
走るって感じじゃぁ、まったく無いんですけどもね。(当時の日記)

そして、去年は先生から「リレーで走ります」って言われて、ひょえ~~ってなった私。
さすがにそれはちょっと・・・出来ますか?
って思ったものだ。
でも、kanaはド緊張のストレスを抱えながら、しっかり走りきった。
今でも、思い出すと泣ける~~。 (去年の日記)

そして、今年。練習の段階から、数人の先生に「今年は去年より更に良い感じですよ!」って声を聞かせていただいていて、「積み重ねの力は大きいね~」なんて話したりしながら、本番を迎えたわけです。

ところが、どっこい。困った事に。
本番前日夕方から、なんとsatoが「目がすごーーーく痛い」と言い出しまして。
どうやら、めばちこのよう。
結構腫れてきてました。放っておいたら、更に腫れて来ますもんで・・。
体育祭当日、朝一で眼科に走ったのです!!
早起きして弁当作って、準備して。時間調整に頭の中はフル回転でした。
登校時間から一時間後位が体育祭開始なので、まずはkanaを送り届けて、一旦家に戻って荷物をまとめて家族を学校に送り届ける。
satoを眼科に連れて行っていたら、急いで戻って来てもおそらくリレーは見られないから、ビデオと写真をシッカリ頼んだでっ!って、とーちゃんとayaに任せ、眼科へダッシュ!!
いや、もう、そこまでしてでも行って正解でした。
医者の先生も、「来て正解よ」(女医さんです)と言ってくれました。
よかった・・・こんだけ頑張って、「別に来なくてもよかったよ」とか言われたら、そりゃもうめちゃくちゃガッカリやったと思うわ。行ってよかったぁ。

しかし、予想通りkanaのリレー本番には間に合わず。仕方が無いけど、やっぱり残念~~。
satoと2人で、まぁこういうこともあるわな、しゃーないな・・なんて言いながら学校に着いた私達。
私が遅れた事など、先生もママ友も知りませんからね。
顔を合わせる人合わせる人皆さんから、「kanaちゃんめっちゃ頑張ってたやん!」って、声を掛けて頂いたのでした。
私はリアルタイムで見られなかったけど、み~~んなが見ててくれたんやな~って思いましたね。
少人数の学校だから、どの子も我が子のようなもの。
全ての子供の活躍が、我が子の事のように嬉しい。
そういうことを、しみじみと実感させてもらいました。

家に帰ってビデオを何回もkanaと一緒に見ました!
今年は、伴走無しで走ってる!しかもスピードがある!早い!!
kana、すごいねーーーっ!!
何度も見ては拍手して、kanaがニカッと喜んで、握手して喜びを分かち合いました。

kanaの活躍に喜びいっぱい、そして、同級生の友達にとっても今年が最後なんだ・・と、つくづく、しみじみと思わずにはいられない一日でした。
楽しかったし嬉しかったけど、サミシーッ。そんな感じです。


b0057359_0171911.jpg




[PR]
by pannie_angel | 2010-10-26 23:10 | 最初の天使 kana | Comments(0)

kanaの体育祭!

9月の行事なのに、まだ書いてなかった!
感動イッパイの体育祭でした。
なんとなく、「いつか書こう」と思ってはいたものの、後回し・・後回しに。
この学校最後の体育祭。ちゃんと残しておかなければ。

kanaにとって、おそらく今の仲間達と過ごす、最後の体育祭になると思います。
進学先が、みんなとは違う「支援学校」の予定なので・・。(私の考えですけど)
ほとんどの子は、「聴覚支援の高等学校」に進学するはず。
「聴覚支援学校」と「支援学校」では、中身が全然違うので。

そんな事が、ずっと頭をよぎっていたものですから、kanaのする事一つ一つが感慨深く、
助けてくれるお友達の何気ない動きに対する感動も、今年はひとしおで。
ぜんぶ大事に取っておかなくては!って思いでした。

中学部に上がってから続いてきた♪よさこいソーラン♪も、もちろん今年が最後。
さすが、3年間の積み重ねの効果はすごい!!!
昨年は、最初のポーズで力尽きてしまってその後動けなかったkanaでしたが、今年はそれっぽい動きを沢山してました。
よさこいソーランは、リズムが早くて動きも大きく、とても難しい踊りだと思います。
切り替えが難しいkanaにとっては、次から次に変わる動作について行くのは大変。
それでも、今年は随分動けるようになってました。
練習の段階から、先生からも『さすが、3年生。今年も成長してくれてますよ!』と声をかけていただいていて、予行の後なんかは、送迎で顔を合わせた先生方が口々に、『kanaちゃん頑張ってますよ!』って言って下さってました。

その言葉の通り、本番でのkanaの様子は立派でした。
去年までは、ちゃんとしなくっちゃ・・ってプレッシャーで顔が強張ってたと思うんですが、今年は笑顔が沢山♪
後から写真を見てわかったんですけど、踊る前に並んでる時とかずっと笑ってるんです。
みんなと一緒なのが嬉しいんかな~って思います。
kana自身が、楽しんで取り組むことができていた(らしい)のが、一番嬉しい。
終わった後も、沢山の方に声をかけていただいて、ありがたい限りです。


よさこいソーランのポーズ♪

b0057359_0193780.jpg



これは、並んでいる時の笑顔。

b0057359_0211967.jpg



そして、双子っち。
並んで黒い傘をさして見ているのは、同級生S君のお姉ちゃんのMちゃん、高校生。

b0057359_027254.jpg



kanaの幼稚部時代から何かあるたびに顔を合わせているMちゃんが、双子っちは大好き。
乳幼児期から一緒に過ごすと、兄弟姉妹同士にも何か不思議な関係が生まれます。
それぞれの親からしても、よその子だけど我が子みたいな・・。
何かあるとめちゃくちゃ心配だったり嬉しかったり。
この学校には、双子っちがクーハンに入ってる頃を知っているお母さん達も大勢いらっしゃる。
反対に、みんなの兄弟姉妹が保育園児だったり産まれて来たとこを、私も見て来て知っていて。
行事で顔を合わすたびに、みんな成長してるね~~って、感動します。


さて、体育祭ではソーランの他に、リレーと親子競技の玉入れでも頑張ったkana。
この様子は、つづく・・とさせて頂きます。(めっちゃ長くなるので^^;)



[PR]
by pannie_angel | 2010-10-26 00:32 | 最初の天使 kana | Comments(0)


子育ては山あり谷あり♪ハンディを持って生まれた長女と双子の妹達3人の天使に翻弄される、あわてんぼうママの徒然日記です。(天使のイラスト/ 素材サイト「ブルーグリーン」)


by パニー

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のコメント

【3色団子ちゃん】 お..
by pannie_angel at 00:13
お久しぶりです!! ..
by 3色団子 at 00:17
【ゆ~みん】 ありがと..
by pannie_angel at 00:11
双子っちおめでと~~さん..
by ゆ~みん at 23:00
【ベティちゃん】 あり..
by pannie_angel at 13:17

ファン

ブログジャンル

画像一覧