カテゴリ:双子の天使 sato/aya( 100 )

aya、不調なり

kanaの運動会当日が真夏日かと思う暑さ。翌日、寒いくらいに気温が下がりました。で、昨日今日とayaが不調気味です。

この3連休は、ちょいと食べすぎたか?
あと、気温の急激な変化にもayaは弱い。
satoは比較的強い方なんだけれど、ayaはいつも一番に病気になる。
・・いや。「いつも」は言い過ぎか。でも、大抵ayaから何かが始まっている気がする・・・。

とりあえず、一日の大部分は元気に過ごしているし、お腹が痛いと言う割に
ご飯もおやつも「美味しい美味しい」と食べるし。
頭が痛いと言う割に、一緒に思いっ切り遊ぶし。
このまま、な~~んとなく良い方向へ向って欲しいわー。

多分、便秘と疲れ。ありゃ?疲れてから、ベンピになったんかな?
3連休が結構あわただしかったし、今度の土日は祭だし。
今年、初めてだんじりを引く二人。 どうせ、途中でリタイアして後を
チョロチョロ着いて行くだけになるんだろうけどね。
でも、試験曳きから大張り切りだったし、超楽しみにしているし。
ayaは「知恵熱」を出すタイプなんだなぁ・・・。
イベントを楽しみにし過ぎて、当日ダウンする子。いませんでした?
・・・実は、私がそう。ayaは、ここんとこを引き継いでしまったみたいで。
可愛そうに。^^;

satoは、全然そういうトコが無い!
普段から全てにおいてマイペース。もっと回りを気にしろーーーっつ( ̄□ ̄;)!!
・・・って、よく怒ってしまいます。
で、体調面もマイペースなようで。
kanaとayaが風邪をひいても、感染性胃腸炎になっても、一人平気だったり軽く済んだり。
母は大変助かりますけどね。いっぺんに3人にこられた日にゃぁ・・・。

想像すると、しんどくなるので止めておきます。
いつ何時、看病するハメになるかしれないので、終わります。
おやすみなさい!



[PR]
by pannie_angel | 2005-09-27 10:51 | 双子の天使 sato/aya | Comments(0)

卒園と入学

双子は今、小学1年生。
今の所一日も休まずに元気に通学してます。
毎日帰ってくると、機関銃のように次から次へと
一日の出来事を喋り捲り、二人同時なもんですから
頷くのが大変。
ま、こうやって話してくれるのは低学年の間だけなのかも
しれないので、出来るだけ聞いてあげたいと思っています。

卒園と入学の日記を記録のために転載しておこう。

【卒園】

当日の早朝は、嵐のような強風。「こりゃ強風警報で保育園休み!?」と思ったほど。
7時過ぎから風は落ち着いてきて、家を出る頃には曇り気味ではあったけれど
晴れてくれて一安心でした。
ただ、強風とまではいかないまでも風は強くて、寒い1日でした。
春のスーツには厳しいお天気でしたよ。
みんな震えてましたし、写真も髪が乱れてしまって良いモノは撮れませんでした。

いつもはグチャグチャになって、園庭で駆け回ってる小さい子供達が、
正装してキチンと並んで入場してくる姿を見ただけで、みんなウルウル~~ってなってました。
証書を手渡してくださる園長先生は、最初から涙ぐんでおられた様子ですし、大人はみんな感無量!
子供達は「先生もお母さんも泣いとったやろ~~^▽^」(笑)
あなた達も、きっと小学校の卒業式では泣くのよ!
satoは、去年の卒園式で 送る側で出席した時に号泣したんですけどねー。
「さみじぃぃぃ・・・・!!(>_<)。。。。。」って。
お迎えに行った時に、先生方が代わる代わる報告して下さったんです。
「satoちゃんが泣くから、私たちも貰い泣きでねぇ・・」。
今年は余裕でしたね。小学校へ上がる期待感からでしょうかね?

卒園児の思い出の言葉や歌、スライド写真、先生方からの挨拶など
全てにおいて感慨深い良い式でした。
特に、あの歌はねぇ・・。
あれは、日本全国で歌われているのでしょうか?
「よろこびの歌」というのですが、あの歌詞で泣かずにいられますかってんだ!

♪おかあさん達 見て見て今日は  嬉しい嬉しい卒園式
 こんなに大きくなりました もうすぐ一年生

 ホントにこんなに大きくなって 入園した頃思い出す
 小さかったあなたが もうすぐ一年生  

いや、本当に小さかった!!
1才児からお世話になったので、5年間を過ごしたわけです。
よちよち歩きだった頃とか、時々離れ際に泣かれた事とか、運動会だの発表会だの、あれもこれも思い出すものなんですね~。こういう時って。

5年間、元気に通ってくれてお母さんは感謝してますよ!
ありがとうっ!!!


【入学】

2005年4月7日木曜日。小学校の入学式。またまた感無量。

嬉しい反面
「明日から子供達だけで歩いて行くのか・・」
と、現実を考えると不安も感じました。
つい先月まで、車で保育園へ送り迎えしていたわけですから
安全面を考えると登下校の道中は心配ですね。
今の世の中、知り合いだからと安心していられませんからね。
女の子だし、不審者出現のニュースがほぼ毎日聞えてくる時代だし。

そういう母の心配をよそに、本人達はヤル気満々! 
入学式当日、教室に入った時は緊張の面持ちだった二人。
一夜明けて8日の朝。 
体調が万全でなかった私は、なんと二人に起こされてしまいました・・・・
^^;;;;;

 「ママ、今日から小学校やで!!♪」  

ごめんごめん・・・・^^;;;;

大急ぎで朝食を準備。いつもは、パンに卵にサラダが定番なんですが、
特別にミニおにぎりも付けちゃいました!
これをペロリと平らげた二人。近所のお姉ちゃんが迎えに来てくれる予定だったので、
待ってるように言いましたが、まだ髪もとかしていないのに
10分前から 「もう行くーー!」 (オイオイ、まだ早すぎるよ・・)

『はいはい、そんなぐっちゃな頭では行かれへんで~~』
「あ、そうか(*^^*)」

ブラシを終えると、「じゃー行ってきます!」(オイオイ、食事用のトレーナーのままやで・・笑)
↑食べこぼし防止の為、朝はトレーナーを重ね着して食べさせます。

『ほれほれ、そんなご飯粒付いたトレーナーのまま行くのん? ^^』
「あ、ほんまや・・(*^^*);;」

そそくさとトレーナーをジージャンに着替えて 
「ママ、行ってきます!」
(ジージャンおかしい!襟出てない!襟!ランドセルいがんでるよぉ・・(爆))

『えーから、二人とも玄関の鏡見てみぃ~~』
「ぎゃっ (@▽@)」

そんなこんなで、約束の7時45分に。待ちきれずに玄関を出て
今度こそ 「行って来ます!!」
大きく手を振って、ご近所のお姉ちゃんのお家へ向かいました。
「ママ、絶対ついて来たらアカンでっ!!」と、チクリと釘をさされた私・・(笑)

それでも、ちゃんとお姉ちゃんと出合って行けたかどうかだけは確認しておこうと思い
少ししてから追いかけると、お姉ちゃんの家の前でお友達と合流。
いざ学校へ向かおうというところでした。
私が来たのを見つけたayaが 「ついて来たらアカンて言うたやん!」

・・・でも、同級生の男の子のママも来てたのよ~~。 
『最初はみんなお母さん達見に来るねん^^;』
と答えると、「じゃ、月曜日は絶対来んといてな」・・・・・。
・・・・ハイ・・・・・・。

あ~~。ホンマに行っちゃったよ。
嬉しいやら寂しいやら。
小学校入学は、子供の自立の第一歩というよりは、母の子離れ第一歩だ。
痛感しましたね。

11時過ぎに元気に 「ただいま~~!」 と帰ってきた二人の満面の笑みを見て
「あ~、無事に一日が終わった」と心底安心したワタシでした。

::::::::::::::::::::::::::::::

ほんの5ヶ月前のことなのに、なんとも懐かしい。
私も、子供達と一緒に 少しは成長したかな。(子離れ・・)



[PR]
by pannie_angel | 2005-09-21 10:44 | 双子の天使 sato/aya | Comments(0)

双子の誕生秘話・・・なんて、大袈裟な。

双子だと判ったのは妊娠8ヶ月の時。(!)
最初に通っていた病院では、発見してもらえなかったんですよ。
一人の心音と豆粒ベビーのエコー写真に、お医者さんは安心したらしく。
通院初日からず~~っと一人やと思ってました。
でも、そこの病院が何だか好きになれなくて、病院を変えたんです。
ちょうど引越しも決まってましたので。

紹介状を持って、新しい病院で。
8ヶ月のお腹にしては、私、もう結構大きかったのです。
その頃、すでに臨月程の大きさでした。
初めまして~と挨拶をして、心音を取って「元気やねー」なんて言われて。
エコーを写してる時に、先生の表情が

「??????」・・・・・ってなりまして(笑)

「きみ!これ、フタゴやでっ!!」(驚)

先生、確実に数センチは椅子から飛び上がりました。
そして、私は呆然(+_+)。
一人と二人じゃ、いろいろ準備が違います・・・・。
と、喜びどころか、心配ばっかりがグルグル回りましたねー。

お医者さんは、最初から自分が診ていたんじゃないので
「心配だ、大変だ。」
結局、次の週から出産後迄丸3ヶ月 入院いたしました。
しかも、早産予防と栄養補給の24時間点滴付。
いや~。今考えればよくやりましたね。

で、帝王切開は絶対嫌だったのに・・・。
後から生まれないといけない位置にいた子が先に破水してしまって
緊急帝王切開。
陣痛が来てるのに、むりやり脊椎注射で麻酔を打たれてました。
お腹がデッカイから中々注射針が入らず、
グイーーーッって体を曲げられて・・えらく痛かったです。(T T)

生まれてきた子は、2900チョイと2600チョイグラム。
双子ではまずありえない、普通サイズの二人が元気に出てきました。
・・・懐かしい。

そんな出産から、既に7年も経ってしまいました。
ついこの間のような気がしますけれど。
3ヶ月の入院の間、両家のじい・ばぁ家を行ったり来たりして
とっても頑張ってくれたkana。
kanaのお世話をし、しょっちゅうお見舞いに来てくれた旦那さんと、両家の両親。
皆に支えられての出産でした。感謝。

入院中にお医者さんから聞いた話ですが、双子などの多胎児妊娠の場合
気がつかないケースって、実は結構あるのだそうです。
最悪は、出産時にわかる人もいるらしい。
双子だと思ってたら、生み出す時にもう一人・・つまり3つ子ちゃんだった・・
ってケースまで、あるそうです!
[PR]
by pannie_angel | 2005-09-17 10:42 | 双子の天使 sato/aya | Comments(0)

お誕生日

双子は8月12日生まれ。お盆に生まれたので、母としては準備が楽チンです。平日だと結構時間に追われますよね。
今年の誕生日プレゼントはささやか。欲しがってるのは「タマゴッチ」「プリキュア・プリティコミューン」なんですが、そういう物は『サンタさんに頼んでみてね』ってごまかしました(爆)
その代わり、ずっと欲しがっていたミップルとポルン(プリキュア系のキャラクター)のぬいぐるみ(キーホルダータイプ)と小物をセットにしてみました。
小さい物ですが、二人とも大喜びでした。とりあえず、ホッ・・・・^^ヾ
お祝いの食事は、毎年二人のリクエストに答えて作ってたんですが、今年はtaro父の一言でケンタッキーに決まり。私も手抜きで楽させてもらいましたデス。でもって、これに大喜びだったのがkanaでした(笑)。嬉しくてたまらなくて踊っておりました ノノ(^◇^)ノノ
夕方、帰ってきた双子は、テーブルに並んでいるケーキとケンタッキーの箱に大興奮でした。

7歳になったsatoとaya。今年一年がメイッパイ楽しい時間で埋まりますように!

とりえず、夏休みも後半。じい・ばぁ家へのお泊りと七五三の写真撮影会とお友達とのお出かけと・・・言ってる間に終わってしまうぞ。
[PR]
by pannie_angel | 2005-08-14 07:38 | 双子の天使 sato/aya | Comments(4)

怒ってゴメン

アタシは、朝が弱いです。 平日は、何とかかんとかギリギリのラインでやってますが、土日となると、気が緩んじゃって、情けない位起きられません・・(_ _ )zzzzz
ところが。子供達は、なんでかわからんが・・土日祝日になると、やけに早起きになるんです。あれは一体ナンデ!?・・・自分が子供の頃も、そうだった記憶がある。
平日は、起こしても「ねむぅぃぃぃ・・」ってナカナカ起きられないのにねぇ。

で、今日は土曜日で。
いつもなら絶対起きていない時間に、ayaが目覚めたようです。で、机の引き出しを整理してて、国語のプリントをちゃんと綴じなくちゃ・・って思ったらしい。土曜日の早朝、6時過ぎに。(!)
最初は自分で頑張ってみたんだけど、そのうち上手くできなくなったので私のところに助けを求めに来たわけです。「ママぁ。これ、ちゃんとできへんねん。手伝ってぇ・・」
もやもや、ふわふわな頭でしたが、うっすらと(あ~、ちゃんと綴じやぁって言ったからなぁ)と思い、寝たままでリングへの綴じ方を説明し、再び眠りに・・・・。
すると、枕元で「う~~ん、これ、こんなんオカシィ・・。う~ん・・」 『(相変わらず半分寝たままで)こーすんねん。言った通りしてみぃ・・ムニャ・・(眠る)』。
少しすると、また「う~~ん・・ちゃんと出来へん・・・」 『(カチン)!!!!』
・・・眠たいままで、ワタクシ爆発してしまったんです。健気に取り組んでる6歳の娘に向かって、えらい勢いで怒ってしまった。うっすらと記憶しているのは、涙をググッとこらえながら何も言わずに綴じ続けていたayaの顔。全部出来て、『言われたとおりにやったらチャント出来たやろ!』と更に追い討ちをかけたワタシに「うん。ごめんな。」とaya。
ワタシ、この時点でもまだ眠くて朦朧としていて・・・そのあたりの記憶がハッキリしません。
ただ、とにかくayaに可愛そうな対応をしてしまったってことだけ、うっすらと。

ちゃんと目覚めて生活してるうちに、段々と(な~~んか、ワタシ、ひどいコトしたんちゃうん?)と思い始めまして。思い始めたら、ずっとずっと気になって気になって。
夜、寝る前にayaに聞きました。
『aya、朝 ママめっちゃ怒ったやん?嫌やった?』
「あ~~、怒った怒った。嫌じゃないで」
『じゃ、どう思った?涙、我慢してたやろ?』
「ayaがちゃんとせなあかんと思った」
『ママに、【そんな言い方せんでもいいやん】 とか思えへんの?』
「思えへんよ」
『じゃぁ、どう思ってるん?泣きそうになって、我慢してたやん』
「aya、いつか怒られなくなる時が来るって信じてる!」
『・・・・へぇ~・・・・(感動と懺悔が入り混じった!)』
「でもな、そこがいつ来るか、ayaわかれへんねん。だから心の中で、真っ暗な所をさまよってるママに話しかけてみるねん。でも、わかれへん」

そっかぁ~~~~~~~・・・・・。怒ってる私は、真っ暗な中でさまよってる母親なんや。
ワタシ、ゴメンネゴメンね・・ママ、眠くてあんまり覚えてないんやけど、きつく怒ってホンマにゴメンネ。・・の連発でした。(_ _)

いいよ、いいよ と言うayaに『でも、ママ又寝ぼけて怒ってしまうかも知れへん・・どうしよ~?』
と尋ねると、ケラケラ笑って「そやなぁ・・・寝ぼけてても、ママが普通に喋れるようになればイイと思う~」

ごもっともでございます! ゴメンヨ~~、aya。まだまだ未熟な母親で・・。
って、もう子育て暦10年になると言うのに。情けないわ~。
夜更かししてたら、また明日の朝も繰り返しかねないわ。寝なければ!!
[PR]
by pannie_angel | 2005-06-19 00:12 | 双子の天使 sato/aya | Comments(2)

参観日

国語の授業で、本読みをしてました。
「あいうえおのうた」ってので、正しい口の形でキチンと発音しながら読む練習。
私を見つけた途端、思わず手を振ってしまった二人。他の子も、お母さんが気になって、手を振ったり笑顔を振りまいたり、逆に恥ずかしがって「あっち行って!」ってシッシーってする子もいました。(笑) 一年生の1学期だからね。まぁ、そういうことも全部ご愛嬌ですね。可愛らしいもんでした^^

一人一人順番に読まされてましたよ。緊張で声が出ない子、思い込みで読んじゃって爆笑を買ってる子、教科書で顔を全部覆ってしまってる子。何やってても、一年生はカワイイねぇ~。ホント。
我が家の二人は、緊張してる様子も無く、家で読んでるのと変わんない感じでマイペースに読んでました。読み終えたときに、チラリとこっちを見て微笑んでました。
kanaが通ってる学校とは全く違う、私にとって初めての一般公立校の授業風景。
とっても新鮮でした。何といっても、生徒数が多いからお母さんの数も多い!(笑)
兄弟がいると大変ですねー。上へ下への移動で皆さん忙しくされていました。
satoとayaも来年は別々のクラスにされるそうなので、私も少し移動しないといけないようです。双子を同じクラスにしたのは、今年が初めての試みなのだそうです。

双子の担任の先生は生徒達が「コワイでぇ~~」って恐れてる女の先生。厳しいらしいんですよ。
でも、大人が見たら普通に見えるんですけど(笑) どこが厳しいのよ~?って、思っちゃいましたよ。厳しいと恐れている割には、子供達も伸び伸びしているように見えたし。
全体的に、「ま、こんなもんでしょ。」っていう授業風景でしたね。

それにしても、最近の参観ってのはジーンズにTシャツでオッケーなのね。びっくり~~!!
一応ブラウスとスカートって服装で行ったんですけど、ラフなスタイルの人が多くて驚きました。
私が子供の頃は、参観日といえばお母さんはチョット良い格好で来ていたものですけど。時代が変わったんですねー。廊下とかで世間話始めちゃう人もいるし・・・。それって、ちょっとどうなのよ?一言二言ならともかくねぇ。
映画館で携帯音が響いた時と同じくらいムっとしてしまいました。

なにはともあれ、とりあえず子供が楽しそうに授業を受けている姿を見る事ができたので、よしとしておきましょう!
[PR]
by pannie_angel | 2005-05-18 00:54 | 双子の天使 sato/aya | Comments(2)

入学してしまったー

去る4月7日木曜日。
とうとう、双子が小学校へ入学してしまいました。 またまた感無量。
反面、「明日から子供達だけで歩いていくのか・・」と、現実を考えると不安も感じました。
つい先月まで、車で保育園まで送り迎えしていたわけですから、安全面を考えると登下校の道中は心配ですね。今の世の中、知り合いだからと安心していられませんからね。女の子だし、不審者出現のニュースがほぼ毎日聞えてくる時代だし。

そういう母の心配をよそに、本人達はヤル気満々! 入学式当日、教室に入った時は緊張の面持ちだった二人。一夜明けて8日の朝。 体調が万全でない私は、なんと二人に起こされてしまいました・・・・^^;;;;;

「ママ、今日から小学校やで!!♪」

ごめんごめん・・・・^^;;;;

大急ぎで朝食を準備。いつもは、パンに卵にサラダが定番なんですが、特別にミニおにぎりも付けちゃいました!
これをペロリと平らげた二人。近所のお姉ちゃんが迎えに来てくれる予定だったので、待ってるように言いましたが、まだ髪もとかしていないのに、10分前から 「もう行くーー!」 (オイオイ、まだ早すぎるよ・・)

『はいはい、そんなぐっちゃな頭では行かれへんで~~』 「あ、そうか(*^^*)」

ブラシを終えると、「じゃー行ってきます!」 (オイオイ、食事用のトレーナーのままやで・・笑)

『ほれほれ、そんなご飯粒付いたトレーナーのまま行くのん? ^^』 「あ、ほんまや・・(*^^*);;」

そそくさとトレーナーをジージャンに着替えて 「ママ、行ってきます!」 (襟出てない!襟!ランドセルいがんでるよぉ・・(爆))

『えーから、二人とも玄関の鏡見てみぃ~~』 「ぎゃっ (@▽@)」

そんなこんなで、約束の7時45分に。待ちきれずに玄関を出て 今度こそ 「行って来ます!!」
大きく手を振って、ご近所のお姉ちゃんのお家へ向かいました。 「ママ、絶対ついて来たらアカンでっ!!」 と、チクリと釘をさされた私・・(笑)

それでも、ちゃんとお姉ちゃんと出合って行けたかどうかだけは確認しておこうと思い、少ししてから追いかけると、お姉ちゃんの家の前で近所の同級生の男の子とそのお姉ちゃんと合流し、いざ学校へ向かうところでした。私が来たのを見たayaが 「ついて来たらアカンて言うたやん!」
でも、同級生の男の子のママも来てたのよ~~。 『最初はみんなお母さん達見に来るねん^^』
と答えると、「じゃ、月曜日は絶対来んといてな」・・・・・。ハイ・・。


あ~~。ホンマに行っちゃったよ。 嬉しいやら寂しいやら。
小学校入学は、子供の自立の第一歩というよりは、母の子離れ第一歩だ。痛感しましたね。

11時過ぎに元気に 「ただいま~~!」 と帰ってきた二人の満面の笑みを見て、「あ~、無事に一日が終わった」と心底安心したワタシでした。
[PR]
by pannie_angel | 2005-04-09 23:19 | 双子の天使 sato/aya | Comments(2)

こんなことって、あるのねー。

明日は、とうとう入学式です。 あららーー。どうしましょう?
さっき生まれたと思ったら、もう小学生! ・・みたいな、そんな気分です。
明後日から、二人で仲良く歩いて行ってしまうのです!  感無量だ・・・・

そんな、入学式前日の今日。(もう昨日か)
3人娘を連れて、近所を歩いていると 正面から3人の人影が近付いてきます。
「?」・・・・・・・・・・・・「!?」
ま、たいして珍しいことではないのですが、どうやら双子の女の子達とお母さんのようです。
離れていても、服装でわかりますからね(笑)
で、お互いに「あ・・・・」って空気を漂わせながら、すれ違う瞬間がやってきました。
あちらのお母さんと、ワタシ、どちらともなく会釈をしあいまして・・・。

私 「双子ちゃんですよね?」

先方 『はい。・・双子ちゃん、ですよね?』

「ハイ^^」

『何歳ですか?』

「この春小学生になります」

『あ、うちもです~~^^』

「え?あ、そうなんですか? どちらの小学校ですか?」

『☆○小学校です』

「え~? 同じデスーー!」
(ん?でも、就学前健診では見かけなかったぞ・・?いなかったよな?)

『え~~~~~っ!』

 お互い、自分の娘達に おんなじ学校やって~、よかったね~~、スゴイね~~。とか言って・・。

『最近引っ越してきてねー、急にここに決まったんですぅ』

「あ!そうなんですかー。健診の時には確かお見かけしなかったなぁ・・って思ってたんですぅ」

『あ、そうなんです~。行ってないんですよ~。』

母同士は、あまりの偶然の出来事に、感動を覚えながら 

それじゃ、また 明日ですね~。よろしくー。

なんて言って、別れたんです。

いやいやいやいや。ビックリしましたわ。

半ば運命の出会いのようにも感じてしまいました。(大袈裟な 笑)

近所には双子ちゃんって結構いて、通っていた保育園には4組いましたし、近所にも他に2組いるし、この前公園で遊んでいた時にも遭遇したし。
kanaの同級生にもいましたし。
旦那さんの高校時代からのお友達の所も1組いるし。

でも、最近引っ越してきたばっかりの、同じ小学校に通う双子ちゃんに出会ったってのは、何かに操られている気がしてなりません。
いやー。ビックリしました。
お母様は、とても感じの良い美しい方でした。是非、お友達になりたい。(^^)

さぁ。それでは、入学式に備えまして、ぐっすり眠りたいと思います。
おやすみなさいませ。m(__)m
[PR]
by pannie_angel | 2005-04-07 01:21 | 双子の天使 sato/aya | Comments(2)

無事、卒園

先週の土曜日に、無事に卒園式を終えました。
当日の早朝は、嵐のような強風。「こりゃ強風警報で保育園休み!?」と思ったほど。
7時過ぎから風は落ち着いてきて、家を出る頃には曇り気味ではあったけれど、晴れてくれて一安心でした。ただ、強風とまではいかないまでも風は強くて、寒い1日でした。
春のスーツには厳しいお天気でしたよ。みんな震えてましたし、写真も髪が乱れてしまって良いモノは獲れませんでした。仕方が無いんで、おすまし写真は他の日に写す事にしました。

いつもはグチャグチャになって、園庭で駆け回ってる小さい子供達が、正装してキチンと並んで入場してくる姿を見ただけで、みんなウルウル~~ってなってました。
証書を手渡してくださる園延先生は、最初から涙ぐんでおられた様子ですし、大人はみんな感無量!
子供達は「先生もお母さんも泣いとったやろ~~^^」(笑) 貴女たちも、きっと小学校の卒業式では泣くのよ!
satoは、去年の卒園式で送る側で出席した時に号泣したんですけどねー。
「さみじぃぃぃ・・・・!!(>_<)」って。
お迎えに行った時に、先生方が代わる代わる報告してくださいました。「satoちゃんが泣くから、私たちも貰い泣きでねぇ・・」。
今年は余裕でしたね。小学校へ上がる期待感からでしょうかね?

卒園児の思い出の言葉や歌、スライド写真、先生方からの挨拶など、全てにおいて感慨深い良い式でした。
特に、あの歌はねぇ・・。
あれは、日本全国で歌われているのでしょうか?
「よろこびの歌」というのですが、あの歌詞で泣かずにいられますかってんだ!

♪おかあさん達 見て見て今日は  嬉しい嬉しい卒園式
 こんなに大きくなりました もうすぐ一年生

 ホントにこんなに大きくなって 入園した頃思い出す
 小さかったあなたが もうすぐ一年生  

いや、本当に小さかった!!
1才児からお世話になったので、5年間を過ごしたわけです。
よちよち歩きだった頃とか、時々離れ際に泣かれた事とか、運動会だの発表会だの、あれもこれも思い出すものなんですね~。こういう時って。

5年間、元気に通ってくれてお母さんは感謝してますよ!
ありがとうっ!!!
[PR]
by pannie_angel | 2005-03-19 11:20 | 双子の天使 sato/aya | Comments(7)

もうすぐ卒園式・・・と、入学式

とうとう双子のsatoとayaが保育園を卒園し、小学校へ入学します。
わぉ。あの出産から、そんなに時間が経ったなんて・・・まさに、感無量です。

双子だと判ったのは妊娠8ヶ月の時。(!) 最初に通っていた病院では、発見してもらえなかったんですよねぇ。一人の心音と豆粒ベビーのエコー写真に、お医者さんは安心したらしく。通院初日からず~~っと一人やと思ってました。でも、そこの病院が何だか好きになれなくて、病院を変えたんですよ。ちょうど引越しも決まってましたのでね。
紹介状を持って、新しい病院で。 8ヶ月のお腹って、もう結構大きいんです。その頃、すでに臨月程の大きさだった私。
初めまして~と挨拶をして、心音を取って「元気やねー」なんて言われて。エコーを写してる時に、先生の表情が「??????」ってなりまして(笑)
「きみ、これ、フタゴやでっ!!」(驚)
先生、確実に数センチは椅子から飛び上がりました。そして、私は呆然(+_+)
一人と二人じゃ、いろいろ準備が違いますよ・・・っ。と、喜びどころか、心配ばっかりがグルグル回りましたねー。

お医者さんは、最初から自分が診ていたんじゃないので心配だ、大変だ。と、結局、次の週から出産後迄、丸3ヶ月 入院いたしました。しかも、早産予防と栄養補給の24時間点滴付ナリ。
いや~。今考えれば、よくやりましたね。
帝王切開は絶対嫌だったのに、後から生まれないといけない位置にいた子が先に破水してしまって、緊急帝王切開。陣痛が来てるのに、むりやり脊椎注射で麻酔を打たれて、しかもお腹がデッカイから中々注射針が入らず、グイーーーッって体を曲げられて・・えらく痛かったです。(T T)
生まれてきた子は2900チョイと2600チョイグラム。双子ではまずありえない、普通サイズの二人が元気に出てきました。・・・懐かしい。

(ホンマに長くなってしまった)
そんな二人が、もう卒園だとは。ウォーーー。早いーーーーーっ!!
今日、アンサンブルが揃いまして、衣装はバッチリ♪ 靴も揃って(ジイ・バァのプレゼント)、これで安心して本番を迎えられます。 あ、後は自分のカッコウをどうするかだ。いーっつもジーンズだから、たまにタイトなスタイルすると疲れるんですよねぇ。 栄養付けとかないと、バテル・・・かも?^^;
当日、お姉ちゃんのkanaはpannieの実家でバァとお留守番です。バァもkanaも、頑張ってよー♪
b0057359_23471226.jpg
b0057359_23473020.jpg

[PR]
by pannie_angel | 2005-03-07 23:51 | 双子の天使 sato/aya | Comments(12)


子育ては山あり谷あり♪ハンディを持って生まれた長女と双子の妹達3人の天使に翻弄される、あわてんぼうママの徒然日記です。(天使のイラスト/ 素材サイト「ブルーグリーン」)


by パニー

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のコメント

【3色団子ちゃん】 お..
by pannie_angel at 00:13
お久しぶりです!! ..
by 3色団子 at 00:17
【ゆ~みん】 ありがと..
by pannie_angel at 00:11
双子っちおめでと~~さん..
by ゆ~みん at 23:00
【ベティちゃん】 あり..
by pannie_angel at 13:17

ファン

ブログジャンル

画像一覧