<   2011年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

24時間テレビ  母目線の感想

エイト目線の感想、実は書き足りない気持ちでいっぱいなんだけど。
・・と、心残りもありつつの、母目線。
夜中のしゃべくりは置いといて。(双子っちに録画を頼まれたから一応録ってあるけど観てない)

今年になって、おや?っと思った点がひとつある。
それは、「克服」って言葉が使われなくなったんじゃないか?ってことなんですけど、どうでしょう?

ずーーーっと、「障害を克服して頑張る・・」って表現が、私は好きではなかったです。
病の場合は、克服と言えるかも知れないけれど、障害は違うとずっと思ってました。
今も、思ってる。
乗り越える・・って言葉は、ちょいちょい使われていたけれど、これも少し違う気がしてる。

例えば、kanaの場合で言うと。
聾学校(聴覚支援学校)でも音楽の授業はあったし、音楽に合わせてお遊戯もよさこいもした。
小さい時から楽器に触れたし、文化祭では和太鼓を演奏します。
それは、聴こえないことを補いながらやっていたわけで、克服したのとは違う。
また、kanaは自閉症だし知的障害だし、みんなと行動を共にするのがめちゃくちゃ苦手で、
パニックも起こす。
それでも学校でやっていけたのは、お友達の助けがあったから。
運動会での合同競技や文化祭、遠足や修学旅行・・行事の度に、どんだけ友達の力を貸して
貰った事か。
kanaだって、苦手な練習を泣きながら、怒りながら頑張った。
本番前に緊張してパニック寸前になっても、皆が居たから頑張れた。
色んな事が一緒に出来たのは、障害を克服したからではない。

ヤス(安田章大クン)とパントマイムを披露した聴覚障害の女の子達、ステキだった。
表情が豊かで、体全部で楽しそうに表現してて。
がーまるちょばサン達のサポートの力もあるけど、彼女達が本来持っている表情の豊かさが最大限に生かされた、すばらしいパフォーマンスだったと思うんです。

そもそも、手話ってのは手の動きだけで会話するんではなくて、表情や体の向きや手の動きの早さとかも含めた表現。
「嬉しい」って手話をしてても、顔が無表情では全然伝わらない。
それか、あんまり嬉しくなかったけど嬉しいって言っとこか・・ってな感じの意味になるのです。
「(食べ物が)甘い」って表現にしても、笑顔でするのと眉間にしわを寄せてするのとでは、意味が全く違ってくる。
笑顔なら「甘くて美味しい♪」だし、眉間にしわなら「甘ったるくて美味しくない・・好みじゃない」ってなる。

聴こえないから、動きのタイミングを合わせるのがとても大変で苦労しただろうけれど、練習を重ねることで出来るようになっていく。
それは、聴こえないことを克服したとか乗り越えたんではなくて、もともと持っている豊かな表現力を生かし、難しい所はトコトン練習したってだけのこと。


すばるクンのレポートで紹介され、エイト全員のサポートで行われた演奏会。
特性の違う沢山の子供達が、一斉に音を合わせて演奏するなんて、ホントに大変な事。
リズムを刻む、鍵盤を押さえる、じっとして演奏する・・・子供によって苦手な事はバラバラだったと思います。
どうしても出来ない所は、スタッフさんやメンバーがサポートして、頑張れる所は何度も練習する。
タイミングを合わせるために、すばるクンが目立たない程度の大きな声で「せーのっ!」と声をかける。
ドラムの男の子の腕を、スタッフさんがポンと補助する事でスネアの元気な音が響く。
本人の努力と人からのサポートが合わさって、みんなの音が一つになる。
これだって、決して克服ではないと思う。

ダウン症の女の子達がチャンレンジした書道ガールズだってそう。
高校生の子達の手助けと、本人達の頑張りが一つの大きな作品を生んだ。
苦手なとこを、一生懸命練習して力いっぱい頑張ったからやり遂げられたのだ。

キリマンジャロ登頂に成功した早絵ちゃんだって。
彼女は見えないけれど、体全体で沢山のことを感じ、体力限界の努力と気力、そして周囲の人のサポートに力を借りて、チャンレジを成し遂げた。

どのチャンレジも全部、みんな、色んなものを抱えているありのまんまの自分で、一生懸命取り組んだから出来たこと。
練習したり努力したり、時に友達や家族の力を貸してもらったり・・そういう事は、みんな同じなんだと思う。
障害があるのに凄いとか、そういう事じゃなくて、基本はみんな同じはず。
いっぱい練習してやり遂げたのは、八の字飛びの小学生やダンス甲子園の高校生もきっと同じ。

だから私は、苦手を克服は理解できるけど、障害を克服と言われると違和感しか感じない。
今回の放送全てを見ていないので、もしかしたら思い違いかもしれないけれど・・この言葉が使われなくなったのなら、私はちょっと嬉しく思う。


ただ、考え方や言葉の受け取り方は人それぞれだから、違う意見も沢山あることは承知しているつもりです。あくまでも、私の場合だと受け止めて下さい。m(__)m


沢山のチャンレンジでサポートについたエイトやイモト・・みんな、やってあげてる精神が全くなくて、共に楽しんでいる、共に進んでいるって空気が凄く伝わってきたのが良かった~。
嵐の桜井君のは観れたけど、大野君のレポートは、何故か地方ではローカルに切り替わって見られなかったの~!なんでやねんっ!残念・・・・。
自閉症の男の子が大好きな大野君と友達になるって企画だったらしいのだけど。
きっと、絶対楽しかったに決まってる。
一緒に頑張ったり楽しんだり、喜んだり泣いたりしてくれる人の存在ほど心強いものは無い!


今年は、震災で悲しい現実と向き合っている人たちの事も多く紹介されて、この事に関しては私は涙するしかなく、ただ残念な気持ちが溢れるだけで。
どの方も皆さん、悲しくてたまらないのに、それでも力の限り明日へ明日へと生きようとしている姿に、どんな言葉をかければいいのかわからない。
がんばれって簡単には言えないし、無理しないでとも言えない気がするし。
東北を元気にするプロジェクトなるものがあれば、微力ではあるけど協力して応援し続けて、この事を生涯忘れず生きて行く。私にできるのは、それくらいかな・・。


海外へ目を向けた堀北真希ちゃんの取材にも、胸をギュッとえぐられるような現実が表されていたけど、本当の現実はもっともっとすさまじいのかもしれない。
世界中にどれだけのストリートチルドレンがいるのか、想像もできない。


そして、小児ガンで亡くなってしまった結人君。
結人君が亡くなってからも、結人君のリュックと共に時間を過ごすお友達。
リュックを持っているピンクの子が、わんわん泣いてて・・その頭をそっとなでて話しかける結人君のお母さんや、優しそうに微笑んで見つめるお父さん。
他の子たちは、ぐっとガマンしていたんだろうか。
たった8年で子供に先に逝かれるご両親の悲しさ、友達を見送らないといけなかった運命の切なさ・・。
何を取っても、過酷で辛い現実なんだろうと私には想像するしか出来ない。
もう、泣けて泣けて仕方がなかったです。
結人君が好きだったと言う「無限大」の歌詞が、あまりにも当てはまり過ぎていた。
それでも、結人君の思い出と共に元気で生きているご両親とお友達に、これからも元気でいてくださいと、それだけを思う。
結人君のレポートでは、放送で叶わなかった側面もあったようです。
結人君の名前、合ってるかな~?って確かめようと検索してたら辿り着いた文章があるので、リンクを貼っておきます。
小児ガンと戦う子供さんやご家族には、放送では触れられなかった沢山の難しい現実があるようです。
私達が本当に知らなければならないのは、こういう事なんじゃないかな・・。
http://blog.canpan.info/kemohouse/archive/869



最後に。
歌いながら手話をしていたヤス君。
自然に出たものか、何とか手話で伝えようと懸命にしていたのかは判らないけど。
生放送であるがゆえ、全放送に字幕をつけるのが難しいこの番組。
ドラマには字幕が付いていたけれど・・。
実の所、わかんないから観ないって聴覚障害の方がいらっしゃるのが現実。
歌も、歌詞を即興で手話で表すのは中々難しい。
視覚障害の方に対しても、音声補助はドラマだけなんかな?
ステキなエピソードが沢山詰まっている番組だけに、放送方法にもう一工夫欲しいと
ホントは思うのであります。



以上・・・おしまい。
[PR]
by pannie_angel | 2011-08-29 00:00 | テレビ | Comments(2)

あふれる思いは無限大! 24時間テレビ

双子っちが、この夏全力を注いで臨んだ、8月20日・21日の2日間。
もちろん、私も2人ほどでは無いけれど、この日を楽しみにしてました。
今日は、関ジャニ∞目線の感想を。明日は、母親として思ったことを書いておこう。

いや、良かった!!すごく頑張った!
何が良かったかって、でしゃばらずに脇役に徹してたとこが、素晴らしかった。

今年は、去年までと比べると歌の演出がかなり減っていたように見えました。
オープニングから日曜日の朝まで、関ジャニ∞の持ち歌披露は、放送上では無かったですよね?
例年なら、前半に他のアーティストのものも含めて何曲か歌われていたような気がするんだけど?
歌ってばっかりで落ち着かないな・・って思う時もあった。
ユーミンの「春よ来い」が、しっとりと歌われた後、そのままとても落ち着いた状態の番組進行だったと思う。

私はkanaを連れて買い物に出かけていたので、オープニングは観てなかったのだけど、
帰るなり双子っちが、
「ヤス(安田章大クン)が手話やったんやで!」
と言いながら、ヤス君が表現した手話を覚えてる範囲で教えてくれました。
生まれた時から、手話や指文字がある生活が当たり前だった双子っち。
kanaとのコミュニケーションの中で自然に必要な言葉を覚えていましたが、達者ではありません。
それでも、大・大・大好きな関ジャニ∞のメンバーが手話で話してくれることが、たまらなく嬉しいらしくて・・
前にも日記に書いたけど、彼らの歌を何とか手話で表したいと、何度も表現を尋ねてくるし、ヤス君の手話を観てからは、satoなんかは私の手話辞典を勝手にめくって調べてたりします。
ライブDVDやPVでも、ちょっとした表現を入れているところがあるので、気がついたらその意味を教えるように、自然となってきました。
ヤス君とがーまるちょばがサポートした、パントマイム。すごく良かった!
女の子達、みんな堂々としていて、ホント良かった。最後の挨拶も、しっかり伝えられてて、可愛かった。
あ、オープニングの挨拶も、後ほど録画でしっかり観ました。
マイク持ちながらの表現は難しいのに、一生懸命伝えてて、胸がキュンてなったわ。

日曜日の午後も、私はやっぱりkanaを連れて買い物に。
雨が降ってて、外で遊べないもんだからkanaちゃんはストレスがたまり気味・・。
放っておくわけにいきませんからね。kanaにとっちゃ、テレビなんてどーでもいいんだし(^▽^)

その間に、書道ガールズや無責任ヒーロー、そして、無限大も終わってて。
帰った途端、2人が口を揃えて
「無限大やばい!!めっちゃやばいー!!」
なにがどうやばかったんか・・は、今日、朝ご飯を食べながら録画を観て判りました。
kanaと2人の朝食だったんですが、小児ガンで亡くなった少年と友達の友情やご両親の思いやらに朝っぱらから号泣でした。kanaちゃんしばらく放ったらかしで・・ゴメンよ。

少年が、エイトレンジャーが大好きだったこと、その理由が「オモロイ!」だったこと。
あのエイトレンジャーが、まさかこんな形で紹介されるとは。
ヨコちょとヒナちゃんの、止まらない涙。メンバーもみんな涙でね。
取材に行った錦戸君は、伝えないといけない責任感からか、落ち着いていたけど、ヨコの号泣している顔を見た瞬間「えっ?」みたいな表情になったように見えました。
横山君こんなに泣いて・・どうしよ?大丈夫か?みたいな。

無限大は、メンバーにとっても昔からのファンにとっても、ものすごく大切な歌の一つだと思う。
私達ですら、とても大切に思える歌だから。
その歌に目いっぱいの思いを乗せて頑張って歌いきった7人。ホントに頑張った!
ご両親と共に聞いていた少年のお友達にとっても、あの瞬間は忘れられない宝物になったと思う。
あんなに幼いのに、友達との別れを経験しなくてはならなかったなんて。
悲しくてたまらなかったと思う。
これから大人になっていくお友達にとって、あの時間が何らかの力になったはず。

そして、すばるがサポートした演奏会。
短期間の練習で武道館で発表って、ぶっちゃけ、かなり強行突破みたいな大胆な話。
だけど、本番でちゃんとやり遂げたみんなに、私はただただ感動だったよ・・
家で相当練習しないと、あそこまで出来ないんじゃなかろうか。
元々ある程度出来ていたというなら判るけど。
障害者との交流が初めてだというすばる君。そら緊張するわね。
とまどいは大きかったと思うわ。


だけど、世の中にはまだ交流を持ったことが無い人が、めちゃめちゃよーさんいるわけで。
もっともっと重度の障害を持つ子や大人もいる。
そういう事を、少しでも知ってもらうことや考えてもらうキッカケを作るのが、この番組の役割だと思う。



その他・・・小学生達の8の字飛びをはじめとするギネス挑戦では、本気で応援して思わず
立ち上がってたり。
ダンス甲子園では、なかなかのハイテンションぶりだったり。
元気なトコも沢山見られて良かった。

そして、今年は、震災によって被害を受けた人達の事も放送されてました。
情報・報道番組よりも、もう一歩近い感じの距離感で取材されていたと思います。
どのエピソードにも、真摯に耳を傾け、時には止まらない涙で顔をぐちゃぐちゃにして。
何と言うか・・・どの表情も、素のまんまだった気がします。


ラスト、いつからかメンバーへの手紙を読む演出は無くなってたのね。
あれ、無くていいと思う。
手紙があった時は、結局主役はアイドル達になってるみたいな、違和感が残ったもの。

一言一言噛み締めるようにメッセージを言った後に歌った「マイホーム」。
この歌の存在に感謝しなくては。いい歌だ。


ミーハー目線での感想は、これにて終了。
・・・いや、最後に一言。
歌うために生まれてきた渋谷すばるの歌声、最高っす。
[PR]
by pannie_angel | 2011-08-23 01:03 | テレビ | Comments(2)

ayaちゃん、感動・・吹奏楽コンクール

私はホンットに全く知らなかったんですが、吹奏楽部ってのは文化部に分類してちゃダメね。
まるっきし、体育会系だと思うわ。

ただいま、全国大会の前哨戦である地区大会が各都道府県で行われていることと思います。
ayaが所属する学校も、もちろん参加しています。


大会のことの前に、吹奏楽部について少し・・

ayaは、受験当初から「中学になったら吹奏楽部に入りたい」と、ずっと言ってました。
で、念願かなって入部、第一希望のホルンを手に頑張ってます。
夏休みに入ってすぐに、保護者を招いての演奏会と保護者会が行われました。

演奏会で初めて中学生の吹奏楽を目の当たりにしたワタクシ、その素晴らしさにオドロキと感動で胸がいっぱいになってしまいました!
すごいすごい・・・・・ホント、凄いわ。
一年生だけの演奏お披露目から始まり、高校生の大会に出場するメンバーの演奏まで聴かせて頂きました。
入学して間もない中学一年生でも、それなりに上手だから、ビックリ。
たった数ヶ月で、ここまで演奏できるようになるなんて。
ホルンなんて、持ったことも無かったayaも、ちゃんと音が出せてました。ビックリ~~~!!

しかし、上級生の演奏は比べ物になりません。すっごい迫力だった。
いや、素晴らしいわ~~・・。

関西大会へのハードル(府代表になること)は高く、すごく難しいそうです。
こんだけ上手でも、代表になれるかどうかわからないと聞き、そんなん全国レベルってどんなんなん!?って、また別のオドロキが。
未知の世界を目の当たりにした私、驚きの連続でした。


そんな吹奏楽部には、なんと保護者会がありました。
演奏会はともかく、部活の保護者会って!!
自分が中高生の時には公立に通ってたからか、保護者会なんて無かったのでオドロキです。
PTAじゃないですよ。部活の保護者会。
会長さんがいて、副会長さん、会計さん、書記の方。各学年の代表の方・・
まさに、PTAの部活版です。
ワタシにとっては、中学受験を決心して進学塾に見学に行った頃と似たような軽いカルチャーショックを受けました。
強いといわれる学校の部活は(吹奏楽に関わらず・・・です)、親もすごく頑張って関わって活動しているんですね。
そういう支えがあるから、子供達も頑張れるんでしょう。


先日、関西大会出場をかけての府代表が決まる大会が行われました。
1年生は演奏はしませんが、楽器の運搬のお手伝いがあります。
朝9時過ぎに家を出て、帰って来たのは22時を過ぎてました。
そして、見事予選を突破。なんと、関西大会出場の切符を手にして帰って来ました。
いや、ayaは応援していただけですが(^^)
代表が決まった瞬間、顧問の先生はガッツポーズで立ち上がり、子供達は大歓声だったそうです。
ayaを含む何人かの1年生は、感動で号泣だったそうで。
演奏した先輩達が涙するのはわかるけど、先に泣いてしもたらアカンやん~。

結果を教えてくれた後も、夜中まで興奮して喋り続けたaya。
一頃は、楽器の音が上手く出せなくて凹んで辞めちゃおうかと思った瞬間もあったようですが、いまでは吹奏楽が大好き、ホルンが大好き。先生も先輩大好き。
熱中できるものに出会えたというのは、ラッキーな事です。

関西大会では、先輩達が悔いの無い演奏を出来るようにしっかり支えて、応援しておいでね。
突破できるように、母は強く祈っておりますよ!

marupaの天然酵母パン 更新しました http://marupapan.blog.fc2.com/blog-entry-14.html




[PR]
by pannie_angel | 2011-08-15 13:13 | 双子の天使 sato/aya | Comments(2)

中学生だよ、部活あるよ

つい数ヶ月前まで、確かに小学生でランドセルを背負って徒歩10分の小学校へ通っていたはずの、
双子っち。
それが、もうすっかり中学生。
夏服が板につき、学生カバンが不恰好でなくなり、少し遠い駅までの道のりを歩いて、定期券で
電車通学するのが当たり前の姿になってしまいました。
子供の順応性に驚きますし、この短い間に伸びた身長にも驚きます。
長女・kanaちゃんは、いまや我が家で一番のおチビさんになってしまいました。
双子っちと立って会話をしている時に、ふっとkanaを見ると「小っちゃ!」って思うようになった・・。

ま、まだワタシより10センチもチビな2人ですが。
高校卒業までに、抜かれるかなぁ。

そんでもって、これもまた生意気なことに、夏休みだというのに、部活だなんだと学校へ行く
日数の多いこと!
去年も、ほぼ毎日バスに乗って塾通いで忙しかったと思うんですが、今年からの忙しさは今後3年間、クラブをやめない限りは必ず続くわけですね。
2人とも、恐らく辞めないだろうから、なんだかワタシも忙しいです。

先日は、ayaが所属している吹奏楽部は地区大会がありました。
私、まだあまり詳しくないんですけど、とにかく次の大会に行く権利は獲れたらしい。
ayaが詳しく説明してくれたので、今はわかりますけど、吹奏楽の賞の内容って把握するまでややこしくてわかんなかったです。
「金賞」って言葉だけ聴くと、一等賞って思ってしまうけど、この金賞を獲得できる学校はいくつもあるらしくて、その中の上位校が次のステップに進めるそうです。
で、進めなかった金賞を通称ダメ金と呼ぶらしい。
なんか、チクっと来る言葉よね。

ayaは一年生で演奏することはありませんでしたが、楽器の運搬とか色々やることはあったみたい。
夜9時過ぎに帰って来て、「金賞獲ったで。次も行けるで。ダメ金ちゃうかったで^^」ってニコって笑って報告してくれました。可愛かった(笑)
大会の後は、休む間もなく合宿へ!4日間も泊り込んで、ひたすらホルンを吹いてたらしいです。
こんなにホルン吹いたこと無いくらい吹いてた・・って。
出来なかった事が、かなり色々できるようになったと喜んでいました。
しかも、とっても楽しかったようで、駅まで車で迎えに行ったんですが、家までの道中

「む~~っちゃ楽しかったでっ!もう、話さなアカンこと、
 ヤンマのように(山のように)あるんやからっ!!!」

って、テンション高っ!
そんなに叫ぶほど楽しかったのか。ヨカッタヨカッタ。

もうすぐ、次の大会なんですが、やっぱり演奏しないayaちゃんは、ここ2~3日ノンビリしています。
コレコレ。宿題せ~よ。本人は、やってると言ってるけど、どうでしょ~~。


一方、satoの方も演劇部で合宿が夏休み早々にあったのですが、なんだか私に遠慮した(予算のこととか色々)のと、別に絶対行かないといけないわけでもないらしい・・って事で、今年は参加しませんでした。
ちなみに、吹奏学部はよっぽどの事情が無い限り、絶対参加。
演劇部は、どちらでも良い感じで、参加しなった子も何人かいたようです。
他の演劇部員が合宿に行っている間、それなりに家でノンビリ過ごしていたsatoですが・・。
参加したメンバーからのお土産話や、今回のayaの楽しそうな報告を聞いて

「あ~~!もう!来年は、satoも絶対演劇部の合宿行くーーーーっ!!」

っつって叫んでました。行っておいで~~。遠慮させてゴメンね^^;;;
来年は、絶対に行っておいでね~~。


ただ。
ayaが合宿で留守の間、二人姉妹状態だったお家。
いつもはkanaと私の2人だけで公園や買い物に行くのですが、その間はsatoも何度か
付き合ってくれました。
暑い中、ブランコにも付き合ってくれたし、いつもとは違う色んな話も出来ました。
それはそれで、なかなか良い時間を過ごせて、母としては満足です^^

ぼちぼち後半突入。
双子っちにとって、この夏休み一番のイベントは、20日・21日の関ジャニ∞メインによる
24時間テレビです。
毎年、この番組は結構一生懸命に見ている2人ですが、今年の思い入れはひとしお。
この番組自体には、様々な見方や意見があったり大人の事情など・・私はわかりますけど・・。
双子っちには、とっても大切な二日間になるに違いありません。
たっくさん共感して、感じたことを大切にして欲しいと思ってます。

私だって、楽しみだしね~。
あ、でもその前に双子っちの誕生日があった!!



[PR]
by pannie_angel | 2011-08-09 00:19 | 双子の天使 sato/aya | Comments(0)

雨花ショップ ブースのご案内

ものづくり市でお世話になりました、 cafe myu farm さんの雑貨ブースに、一緒に出品した
シマコさんのお店、「雨花」の手作りアクセサリーが並びました。
先日、タグ付けなどちょっとだけお手伝いさせてもらって、めっちゃ可愛いブースになりました。
天然石やスワロフスキー、樹脂を使って作られた小さくて可愛いアクセサリーの数々。
どの作品も、地球や宇宙の息吹を感じる雰囲気にあふれています。
シマコさんにしか作り出せない世界を、どうぞ手に取ってご覧下さいね。

b0057359_9544511.jpg



鏡に、ワタシのチェックの服が写り込んで・・モウシワケナイ^^;


cafe myu farm http://myufarm.com/index.html

雨花ブログ  http://ameblo.jp/ukashop/



[PR]
by pannie_angel | 2011-08-05 09:58 | 堺のパン屋さん・Cafe | Comments(2)

暑いです・・

毎日暑い夏休みです。
2日ほど前は涼しかったけど、今日はまた蒸し暑い~。
そんな中、今年はお仕事を始めさせてもらったことがあり、なんだか去年とは違って有意義に時間を使っているような気がスル。
双子っちが中学生になったことで、部活で登校する日が多いこともあって、ホントに去年とは全然違います。

そんな中でのヒトコマ・・・

いつもの公園で、kanaちゃんとブランコ遊びに興じていたのですが。
そんな私達の足元で、何故か飛べなくなった蝉が、爆音でジージー言いながらもがいてまして。
虫が苦手な私、どーーーーしてもそれが嫌で。
その日は、satも部活が無かったので一緒に来ていたんですけども、二人で
「もーいや、この蝉、かわいそうやけど、やっぱり嫌やなぁ」
って、ブツブツ言ってました。

丁度その時は、見知らぬ少年達が野球をしに来てました。
多分、いつも見かけるメンバーの一部。
パニーおばちゃん、少年達に頼みに行きました。

「ねぇねぇ。突然で悪いんやけどさ、飛ばれへん蝉が足元でジージーしててさ。
 おばちゃん、蝉つかまれへんからさ、飛ばしたってくれへん?」

いきなり近寄ってきて、勝手なことを口走るおばちゃんに、少年達は一瞬ポカン。
しかし、最年長らしき少年が、おばちゃんの言葉をみなまで聞くか聞かんかで

『どこ?どこにおるんっ?』

・・・たっ・・・頼もしいやんっ!!少年!カッコエエやん!!
なんかさ、『もぉ、しゃーないなー、おばちゃんは。』
みたいなさ、そんな口ぶりで。えらそうに歩いてって。
しゅっと蝉を掴んで、しゃしゃっとしたかと思うと、その飛べなかったはずの蝉が
ブーーーーン!っつって猛スピードで飛んで行ってしまいました!!

男の子、頼もしーーーーーーっ!!!

いや、男の子を育てたことが無い私には、めちゃめちゃ新鮮なヒトコマでした。
ありがとう、少年!!



久し振りに、ブランコ日記「飛んでけ、3姉妹」更新しました。 http://tondekeksa.exblog.jp/

marupaの天然酵母パンも更新しました。 http://marupapan.blog.fc2.com/




[PR]
by pannie_angel | 2011-08-04 13:11 | 日常の事 | Comments(2)

ものづくり市 ありがとうございました!

7/30 myu farmさんでのものづくり市。
無事に終了いたしました。
myu farmのママさんは、会計時には朝と違う声になっていて、ヘトヘトになっている様子が
伺えました。お疲れ様です!

私のパンを手に取って下さったみなさま、ありがとうございました。
駆けつけてくれた、12年ものお付き合いになるママ友3人組さん、めっちゃありがとう~!!
お陰さまで、1個を残しただけでほぼ完売して頂きました。ありがとうございます。m(__)m
まだまだ勉強不足ですが、次回、その次・・・と、どんどん進化していけるよう、がんばります。

お友達のシマコちゃんの「雨花」アクセサリーは、なんと6点もお買い上げ頂いてました。
シマコちゃんが作るアクセサリーの大ファンとしまして、ホントに嬉しい限りです。
これをキッカケに、彼女にしか出せない世界観がたっぷり詰まったカワイイアクセサリーを
これからもよろしくお願い致します。


更に詳しくはmarupaの天然酵母パンで、報告させていただいています。
お時間ありましたら、ご覧下さいね。

  


[PR]
by pannie_angel | 2011-08-01 10:14 | パン・お菓子 | Comments(2)


子育ては山あり谷あり♪ハンディを持って生まれた長女と双子の妹達3人の天使に翻弄される、あわてんぼうママの徒然日記です。(天使のイラスト/ 素材サイト「ブルーグリーン」)


by パニー

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のコメント

【3色団子ちゃん】 お..
by pannie_angel at 00:13
お久しぶりです!! ..
by 3色団子 at 00:17
【ゆ~みん】 ありがと..
by pannie_angel at 00:11
双子っちおめでと~~さん..
by ゆ~みん at 23:00
【ベティちゃん】 あり..
by pannie_angel at 13:17