タグ:ガイドヘルパー ( 1 ) タグの人気記事

支えてもらえること

kanaは、下校時には児童デイサービスを、月に一度お休みの日にガイドヘルパーさんの支援を受けています。
このサービスのお陰で、私は働くことが出来ているし、kanaも退屈な時間を過ごさずにすんでいます。

たとえば、双子っちだったら、学校から帰ってからとかお休みの日は、お友達と遊びに行ったり趣味に興じて過ごします。
でも、kanaには、そんな友達を持つことはとっても難しいし、趣味ってのを持ち難い。
以前もこのことを書いたかもしれないけど、kanaのような子の場合、常に親が一緒でないと行動できない。
遊び相手も、たいていは親。
あと、双子っちの入学式や卒業式や懇談など、かしこまった場所への参加も、kanaを連れて行くのはとっても気を使いました。
長時間静かにするのが難しく、いつ大声を出してしまったりガマンできなくなってパニック行動が出てしまうかヒヤヒヤものでした。

kanaがデイサービスやヘルパーさんを利用し始めたのは、中学2年生になる頃からです。
それまでは、親なんだから全部私がちゃんとするのが当然・・って考えの方が強かった。
だけど、家族と学校の関わりだけでは、限界があると感じるようになったのです。
実際、児童デイサービスやガイドヘルパーさんに助けて頂くようになってから、色んな心配がぐっと減りました。
双子っちの学校の行事で、kanaにとっては辛い場面の場合は無理に連れて行かなくてもよくなりました。
懇談の時も、kanaの調子を気にしないでじっくり先生とお話が出来るようになりました。
春休み、夏休み、冬休みも、仕事が出来るようになりました。

なによりも、kana自身が、デイサービスのスタッフさんやヘルパーさんのことが大好き。
いつも、いそいそとリュックを背負って出かけます。
スタッフさんを見ると、満面の笑みで、さっさと私に「バイバイ!!」って元気に手を振って行ってしまいます(笑)
ずーっと家族だけでしか過ごしていなかったら、kanaにいろんな人と関わる力、社会性をつけることはとっても難しかったと思います。
本当に、ありがたいことです。


デイサービスやガイドヘルパーさんに子どもを預けることを、もしかしたらあまりよく思わない人もいるかもしれないけれど、これは物凄く大切なことだと今の私は思っています。
もちろん、一番のベースは、家族との関わり。これがなくては。


現実的には、このような支援はまだまだ充分ではないのが現状だと思います。
1人で抱え込んで、もがきながら何とか育てて暮らしている親御さんに対して、足りていない部分があると思います。きっと、もっと必要。
だけど、だからと言って「支援してもらってあたりまえ。だから、主張して当然」・・・みたいな気持ちは決して持ちたくない。
関わって下さる全ての方に対して、感謝の気持ちは絶対に忘れないように。
そんな風に思ってます。


ま、色々思うとこありまして、つらつらと書き連ねてみました。
独り言ゆえ、文面がおかしなところがあるかもしれませんが、ふんわりスルーして下さればさいわいです。
[PR]
by pannie_angel | 2013-03-13 01:20 | 最初の天使 kana | Comments(2)


子育ては山あり谷あり♪ハンディを持って生まれた長女と双子の妹達3人の天使に翻弄される、あわてんぼうママの徒然日記です。(天使のイラスト/ 素材サイト「ブルーグリーン」)


by パニー

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のコメント

【3色団子ちゃん】 お..
by pannie_angel at 00:13
お久しぶりです!! ..
by 3色団子 at 00:17
【ゆ~みん】 ありがと..
by pannie_angel at 00:11
双子っちおめでと~~さん..
by ゆ~みん at 23:00
【ベティちゃん】 あり..
by pannie_angel at 13:17