それぞれのお休み・・aya篇

ayaは、入学前からずっと「吹奏楽部に入りたい!!」って言ってました。
受験する学校が決まっていない時から、「吹奏楽部のある学校がいい」と言い、
有名な学校の見学にも行きました。
たまたま入学した学校が、割と吹奏楽が盛んな学校で(入学を決めてから知った)
絶対、吹奏楽部に入るねん!!っつって気合入れてました。

人気の部活なので、入部希望者が多く、友達が一気に増えて大変賑やかです。
先輩も優しくて楽しいみたいで、仮入部を経て、担当楽器の希望も叶い、めでたく
入部致しました。
ただ、この部活は本当に盛んであることと、1年でやめられちゃ困るってことで
保護者向けに説明会とか「3年間辞めません」の念書みたいなのを提出しないと
いけなかったり、大変です。
いや~~。たかが中学生の部活だろうが・・なんて思ってしまったんですけど。
そんな甘い考えではいかんようです。

aya自身が、すごくやる気を持ってて、「やりたい!!」って強く思っているから
応援するしかないですけどね。
ピアノも何も習った事が無くても音楽の成績は良かったので、何とかなるだろうと
思ってました。
でも、いきなりつまずきました。
楽譜を初見でパパッと読めなくて、リズム打ちで個別レッスンをしてもらったらしく。
その事がショックで、プチ偏頭痛起こして帰って来ました。

「みんな出来るのにayaだけできへん・・」

(これ、昔からよく言う台詞。みんな出来るのに・・・・・)

楽譜は何とか読めるよ、アタシ。・・ってことで、
そのリズムの楽譜を見ながら、二人で練習しました。
メトロノームが無いから、私が隣で手拍子して、ayaが楽譜通りのリズムを刻む。

ターンタターンタタンタンタターンタ・・・・

みたいな、割と複雑。
コツさえ覚えれば、どってことないリズムですが、初見でいきなりは難しい。
みんなが出来るのを目の当たりにして、悲しくて泣いてしまったayaでした。
その日は、なんじゃかんじゃで40分ちょっとくらいリビングで一緒に練習したかな?
やれば出来るって手ごたえを少しだけ感じたのか、「辞めたい」とは言いませんでした。

で、肺活量を鍛える為に風船を買ってくれっつーんで、風船も購入。
膨らましたり、マウスピースでブーブー言ったり、休みの間中、頭の中は「楽器を上手くなる」
ことが殆どを占めてたんじゃないだろうか。
(あとは、関ジャニ∞の事ね。)


satoがロールケーキを作った日、ayaは学校へ。
先輩の演奏を見る機会があり、ますます吹奏楽への思いを強くして帰って来ました。
そして、美味しいロールケーキを仲良く食べましたとさ。





にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村




[PR]
by pannie_angel | 2011-05-08 23:19 | 双子の天使 sato/aya


子育ては山あり谷あり♪ハンディを持って生まれた長女と双子の妹達3人の天使に翻弄される、あわてんぼうママの徒然日記です。(天使のイラスト/ 素材サイト「ブルーグリーン」)


by パニー

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。