風疹の流行について考える

最近ほぼ毎日のように取り上げられている、風疹の流行についてのニュース。
妊婦さんが罹ると、障害を持つ子供が生まれてくる可能性が高いということ。
ずっと以前の話ではあるけれど、沖縄で風疹が大流行した時代には聴覚障害児が多く生まれ、北城聾学校が設立された事実がありますし、報道されていることは本当のことではあります。
北城聾学校のことは、野球部を舞台にしたマンガ「遥かなる甲子園」で描かれていて、映画化もされています。
聴覚障害児を授かった親なら、多分ほとんどの人が知っている話ですよね。

実際に聴覚障害児を育てている親の立場としては、そういう子供が生まれる可能性が高いから気をつけましょう!って報道を見ると、「ん~~~~・・」って思ってしまう面があります。

いや、確かにそうよ。障害を持って生まれた子供は大変で、社会的にも不便なことあるし、確かにそうなんやけどもね。
中には、風疹に罹ったら加害者になる可能性あり・・なんて文章もあったりして。
加害者って・・なんだかなぁ。

聴こえなくても病気でも、色々大変なことが多くても、私は毎日楽しいけどな。

声を大にしてこう言いたいけれど、それは多分楽天的で無責任な発言で、そういうわけにはいかないのも判ってます。
やっぱり、できれば障害や病気を持たずに生まれてきた方が、きっと良い。
例えば、kanaは将来大人になったとしても、自分で働いてお金を稼いで生活をして行く事は出来ない。
常に誰かの支えが必要で、国からの補助などが無くては生きていけなくて、妹達には世話をかけることになる。
親の私はほぼ間違いなく先に死んでしまうから、その後のことが心配でならない・・とかね。
障害や病気があっても日本に生まれたなら大丈夫!って言える世の中では無いのだから。
命に関わる病気を持って生まれてくるお子さんもいるのだし。

私としては複雑な思いはあるけれど、防げるのなら防いだほうがいい。
ただし、大袈裟であったり間違った情報に振り回されないで欲しい。
風疹で検索したら色んな情報が出て来るけれど、NHKのココが参考になると思います。

妊娠中は、ただでさえ些細なことで気持ちが揺れ動いてしまうデリケートな時期。
全ての妊婦さんが、出来るだけ安心して出産を迎えられますように。
[PR]
by pannie_angel | 2013-05-23 00:02 | 世間のニュース


子育ては山あり谷あり♪ハンディを持って生まれた長女と双子の妹達3人の天使に翻弄される、あわてんぼうママの徒然日記です。(天使のイラスト/ 素材サイト「ブルーグリーン」)


by パニー

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。